酵素玄米は冷凍保存もOK

酵素玄米は白米以上に風味が落ちやすく、炊き上がったら出来るだけ早く食べるのがポイント。
出来上がった後も炊飯器で保存していると、硬くなったり、発酵が進みすぎたりして美味しく食べる事ができなくなります。
そこでおすすめは、冷凍保存する事です。
炊き上がったら、食べきる事が出来ない残った量は1回の量に小分けにして冷凍します。
こうする事で、食べたい時に解凍してすぐに美味しく食べる事ができます。
炊き上がった酵素玄米を温かいうちに、1回の量をラップにくるみます。
粗熱が取れたら冷凍室で保管。
ただ、長期間、冷凍保存すると冷凍焼けを起こすので目安は1週間程度で食べきりましょう。

電子レンジで解凍するのはおすすめしません

冷凍保存した酵素玄米を解凍する時は電子レンジは使わないようにしましょう。
冷凍保存された酵素玄米の酵素は凍結しただけでまだ、生きています。
その為に、解凍すると再び、酵素の働きが生き返ります。
ところが、電子レンジを使って解凍してしまうと酵素が死んで、その働きを失ってしまいます。
その為に酵素玄米を解凍する場合は蒸し器を使ったり、湯煎で温めるのがおすすめです。
また、保温ジャーに入れて解凍するのも良いかもしれません。
いずれにしても、せっかくの生きた酵素の働きなので、電子レンジは使わないようにしましょう。

玄米炊飯器人気ランキング

なでしこ健康生活

累計台数5万台を超えた人気製品。
当サイトで紹介している製品は機能面ではほとんど差がありませんが、このなでしこ健康生活のみ、交換用のパーツが公式ページで簡単に購入できます。
また、現在、日本で販売されている玄米炊飯器は全て韓国製ですが、この製品のみが製造以外の企画、設計、検品、出荷は日本製です。
その為に、一番信頼度が高い製品となっています。
メーカー保証も3年となっています。



CUCKOO New圧力名人

ランキング2位はCUCKOO New圧力名人です。
累計台数3万台を突破。
総合評価レビューもなでしこ健康生活に続く4.45と2位。
販売台数、レビューの点数共に2位に位置している玄米炊飯器です。
生産は韓国製ですが、3年のメーカー保証がついています。



酵素玄米Pro2

残念ながら、3位に甘んじているのが酵素玄米Pro2。
機能、性能、価格共に上位2つとそれほど、変わるわけではありませんが、1番違うのはメーカー保証の期間が1年である事です。
炊飯器の耐用年数は6年と言われていますが、確かに1年では少し不安かもしれません。