玄米の炊飯器の炊き方

 

発芽玄米ではなく、ただ、玄米を炊くだけなら普通の炊飯器でも簡単に炊く事ができます。
最近のほとんどの炊飯器には「玄米モード」がついているので、圧力鍋や土鍋でなくても大丈夫です。

 

普通の炊飯器で玄米を炊く時のポイントはお水の量と水に浸す時間です。
これが上手く調整できれば、簡単に美味しく炊く事ができます。

玄米を洗う

炊く前に玄米をお水で洗います。
ただ、白米のようにしっかりと洗う必要はありません。
汚れやゴミなどを洗い流す程度と考えると良いと思います。
優しく手で揉み洗いを2〜3回繰り返します。
洗い終わったらザルに移して水気をとります。

水に浸す

すぐに炊き始めても問題はありませんが、玄米特有のパサパサした感じが苦手な方は2〜3時間水に浸しておくと良いでしょう。

炊飯

炊飯器に「炊飯モード」がついている場合は水の量を玄米用の目安の分入れてスイッチを入れればOKです。
玄米モードがついていない炊飯器の場合は7〜8時間は水に浸しておく必要があるので前日に用意する必要があります。

苦味が苦手な場合は?

玄米にはカルシウムが豊富に含まれるので食べた時に少し苦味を感じる事があります。
この苦味が苦手な方は炊飯する時にお塩を軽くひとつまみ一緒に入れます。
こうすると苦味が軽減されます。

水の量

玄米モードには玄米用の水の量の目安がついていますが、それでも好みの炊き上がりにするには、何回か水の量を調整しながら自分のベストの水加減を探してみてくださいね。

玄米炊飯器人気ランキング

なでしこ健康生活

累計台数5万台を超えた人気製品。
当サイトで紹介している製品は機能面ではほとんど差がありませんが、このなでしこ健康生活のみ、交換用のパーツが公式ページで簡単に購入できます。
また、現在、日本で販売されている玄米炊飯器は全て韓国製ですが、この製品のみが製造以外の企画、設計、検品、出荷は日本製です。
その為に、一番信頼度が高い製品となっています。
メーカー保証も3年となっています。



CUCKOO New圧力名人

ランキング2位はCUCKOO New圧力名人です。
累計台数3万台を突破。
総合評価レビューもなでしこ健康生活に続く4.45と2位。
販売台数、レビューの点数共に2位に位置している玄米炊飯器です。
生産は韓国製ですが、3年のメーカー保証がついています。



酵素玄米Pro2

残念ながら、3位に甘んじているのが酵素玄米Pro2。
機能、性能、価格共に上位2つとそれほど、変わるわけではありませんが、1番違うのはメーカー保証の期間が1年である事です。
炊飯器の耐用年数は6年と言われていますが、確かに1年では少し不安かもしれません。